体組成計の安価モデルと高価モデルを比較したら意外な結果だった

こんにちは、イチロウです。

 

体重・体組成計って、数千円で購入できるものから数万円するものまで価格に大きな差があり、種類も豊富なのでどれがいいのか迷ってしまいますよね…(;’∀’)そもそも高価な製品は安価な製品より精度がいいの?など疑問があります。

そこで今回の記事は、価格の安い売れ筋商品と価格の高い人気モデルを実際に測り比べた結果をシェアしたいと思います。

オムロンHBF-214-W

商品名:オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン HBF-214-W

価 格:2,780円

私が購入した昨年末はAmazon売れ筋ランキング1位の商品でした。現在(平成30年2月)でもAmazonで5位、価格.comでは9位の人気商品ですね、口コミが一番多かったためこの商品を選びました。

 

Amazon売れ筋ランキング
 ↓ ↓ ↓ ↓
体重・体組成計カテゴリ

オムロンHBF-255T-W

商品名:オムロン 体重・体組成計 カラダスキャンHBF-255-W

価 格:12,500円

HBF-214の上位モデルで値段は4.4倍のHBF-255です。現在のAmazonランキングはランク外ですが、価格.comだと13位で人気がある商品です。

 

価格.com売れ筋ランキング
 ↓ ↓ ↓ ↓
体脂肪計・体重計カテゴリ

比べてみました

スペックは?

  HBF-255-W HBF-214-W
登録人数 4人 4人
体重表示 50g単位 100g単位
体脂肪率 12段階 4段階
骨格筋率 12段階 4段階
内臓脂肪レベル 1~30 1~30
内臓脂肪レベル判定 9段階 3段階
身体年齢 1才単位 1才単位
基礎代謝 基礎代謝表示 基礎代謝表示
BMI BMI表示 BMI表示
メモリ 30回分 前回値のみ
通信機能 Bluetooth通信 なし

スペックを見ると、高価モデルHBF-255は安価モデルHBF-214に比べ体重・体脂肪・骨格筋率・内臓脂肪が細かい数値まで測定できます。

あと安価モデルの場合、メモリ機能が前回分のみに対し、高価モデルは個人番号ごとに最大30回分の測定結果を体重計本体に記憶できます。

その他一番大きな違いは高価モデルはBluetoothの通信機能を搭載していることです。iPhoneやAndroidに測定データを転送し、専用アプリで簡単に確認・管理することができます。

1週間の測り比べ?

測り比べる条件は、2台を並べて置き両方とも電源を入れておきます。1台測り終わったらすぐ隣に移動して測るようにしました。1週間測定したデータが以下になります。

体重

  HBF-255-W HBF-214-W
2/5 55.6㎏ 55.7㎏
2/7 56.05㎏  56.1㎏
2/8 57.05㎏ 57.1㎏
2/9 56.1㎏ 56.1㎏
2/10 56.95㎏ 57.0㎏
2/11 56.65㎏ 56.7㎏
2/13 55.95㎏ 55.9㎏
2/15 56.50㎏ 56.6㎏

体脂肪率

  HBF-255-W HBF-214-W
2/7 16.8% 16.6%
2/8 16.0% 15.3%
2/9 16.0% 15.8%
2/10 17.8% 17.4%
2/11 16.5% 16.2%
2/13 16.8% 16.3%
2/15 16.7% 16.4%

内臓脂肪レベル

  HBF-255-W HBF-214-W
2/7 4 4
2/8 4 4
2/9 4 4
2/10 4 4
2/11 4 4
2/13 4 4
2/15 4 4

骨格筋率

  HBF-255-W HBF-214-W
2/7 38.7% 38.9%
2/8 39.5% 40.0%
2/9 39.4% 39.6%
2/10 37.9% 38.3%
2/11 39.1% 39.3%
2/13 38.7% 39.2%
2/15 38.8% 39.1%

体年齢

  HBF-255-W HBF-214-W
2/7 28才 28才
2/8 28才 27才
2/9 27才 27才
2/10 29才 29才
2/11 28才 28才
2/13 27才 27才
2/15 28才 28才

基礎代謝

  HBF-255-W HBF-214-W
2/7 1422kcal 1424kcal
2/8 1445kcal 1450kcal
2/9 1428kcal 1430kcal
2/10 1431kcal 1435kcal
2/11 1435kcal 1437kcal
2/13 1420kcal 1423kcal
2/15 1431kcal 1434kcal

BMI

  HBF-255-W HBF-214-W
2/7 19.4 19.4
2/8 19.7 19.8
2/9 19.4 19.4
2/10 19.7 19.7
2/11 19.6 19.6
2/13 19.4 19.3
2/15 19.6 19.6

 

僕の勝手なイメージでは価格の安いモデルは制度が悪いかも?と思ってましたが、ほぼ測定にバラツキはなかったですね…。

まとめ

たくさんの種類がある体重・体組成計は、安価モデルと高価モデルは測定性能が違うのか?という疑問が生じ、1週間測り比べて検証した結果は・・・、

 

ほぼほぼ違わない

 

という測定データになりました。決して安いモデルの測定精度が悪いわけではないので安心して購入できますよ。

ただ安価モデルは測定結果が前回分しか残らないため、体重推移を自分で管理しないといけないんですよね…。毎日のことだとこれが面倒臭い(-_-;)

面倒臭がりの私は朝の忙しい時に記録をつけたくないので高価モデルを選びました。1~2週間分の記録がたまったら測定データをiphoneに転送して管理しています。

値段は高いですがとても便利です。スマホで管理する数字を見ると、自分への体重維持の戒めになるのでお勧めです。因みに安価モデルは彼女にiphoneアプリと一緒にプレゼントしました!

 

プレゼントしたiphoneがアプリはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓
シンプル・ダイエット

毎日自分で管理してもらってます(^^)/

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください