ドラマ陸王のモデル「ランニング足袋無敵」を履くと神秘の能力蘇る!

こんにちは、イチロウです。

 

ドラマ「陸王」のモデルとなったランニング足袋「無敵」を、大ブレークする以前から愛用しています。今回の記事では、無敵を履くことによって蘇る、足の機能の素晴らしさをお伝えします。神秘的な内容です!

 

ドラマ陸王の中で「靴底の薄い陸王を履くことで、ケガをしにくいミッドフット走法が身につく」と言われてたね

 

なんでミッドフット走法はがケガをしにくの?

 

「それはミッドフット走法が人間本来の無駄のない走り方」だと言われているからだよ

 

じゃあなんで人間本来の走り方だとケガをしにくいの??

 

いい質問ですね!ケガをしにくい走りを実現させる足の秘密について掘り下げます

足は人間工学上の最高傑作

『モナ・リザ』を描いたレオナルドダヴィンチさんは、偉大な美術家であっただけでなく人体解剖のパイオニアでもあったそうですが、彼はこんな言葉を残しています。

 

「人の足は人間工学上の傑作であり、最高の芸術作品である」

 

足が最高の芸術品???

 

そうなんだ。建築学でも有名なダヴィンチは、人体解剖で人間の「足」に神秘的な構造を発見したんだよ

足には全身の骨の1/4が集まる!

人間の体には、206個の骨があります。

そのうち片方の足には26個、両足合せて52個も骨が集まっています。

 

体全体の骨のうちの1/4が足に集まっているんですから驚きです!?

 

この52個の骨がお互いに組み合い関節を作り、それぞれが動くのです。

そういった骨や、骨を支える筋肉や腱により、私たちは歩いたり走ったりできるのです。

アーチの役割

 

ダヴィンチはヒトの足にとても優れたアーチ構造を発見したんだよ

 

3つの異なる足アーチの役割は何といっても衝撃吸収です。

 

地面に足をついたその瞬間からの衝撃を吸収して、足首、足関節、膝、さらには股関節、腰など全身の衝撃を軽減してくれます。このように足の存在が重要なクッションの役割を果たすため人はケガをしにくい歩行が可能となるのです!

逆にこのアーチが崩れると、足の裏にある足底筋膜というところに負担がかかり、足底筋膜炎や外反母趾、タコなどといった足のトラブルに見舞われるのです。

 

人間は本来、靴などに頼らなくても素足のまま生活できる生き物なんだ。それがソールの厚い高機能のシューズを身に着けることによって、人間本来の走り方・歩き方の妨げになってる事実もあるんだ
人間本来の走り方を取り戻すためには、裸足で生活するか、靴底の薄い裸足感覚の履物を履くことは有効と考えられるね

 

じゃあ、裸足感覚の無敵を履けば、人間本来のケガをしにくい走り方を身につけれるかもしれないんだね♪そうなるように頑張るわ!

まとめ

ダ・ヴィンチさんのおかげで、全身の骨うち1/4が足に集約しているのがわかり、アーチ構造も発見されました。

地面からの衝撃を吸収してる足アーチがあるおかげで、人はケガをしにくい歩行が可能となるのです!この素晴らしい機能を最大限発揮できる条件は、裸足で生活するか裸足感覚の履物を履くこと

すなわちランニング足袋無敵を履くことは人間本来の走り方を取り戻せる可能性があるのです!

日本伝統の足袋もランニング足袋「無敵」も本当によく考えられた履物なんですね(^^♪無敵製造メーカーさん、レオナルド・ダ・ヴィンチさんありがとうございました。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください