陸王モデルのランニング足袋「無敵」。3足履き倒した僕が、履き始めの疑問点3つと注意した3つのポイント

こんにちはイチロウです。

 

人は走るために生まれてきた

 

そんな思いにさせてくれるのがランニング足袋「無敵」です。履き慣れるまでに時間と苦労を要しましたが、試してみて本当に良かったです。私の脚には無敵のコンセプトが合っていました。

 

製造メーカーさん開発ありがとうございます!

 

2017年10月では3足目の「無敵」を着用していますが、この記事では2016年2月に初めて無敵を履きだしたお話します。無敵をこれから着用する方の参考になるかもしれません、よかったらご覧ください。

不安からのスタート

初めてこの「無敵」に足を通したときは印象は、、、

 

軽っ!何このフニャフニャ感?!

 

こんな薄っぺらい履物で走って大丈夫かぁ?!」って本気で思いました…。

 

ナイロン製の生地に厚さ5mmのゴムソールが縫い付けてあるだけですから、画像のようにフニャフニャです(;^ω^)まともに走行できるか不安先行の第一印象でした…。

意外と走れた

まずはその場で歩いたり飛び跳ねたりして準備運動。ソールが極薄なため地面の感覚がダイレクトに足裏へ伝わってきます。始めは小石を踏んでも痛かったです。

 

とりあえず慣れてきたので走ってみると・・・・

 

意外と走れました!

 

でも今までのシューズと走り方は違います。
スピードも全く乗りません。

 

ですがなんとなくつま先走りで走れちゃった感じです。イメージ的には、つま先立ちで水たまりを素早く移動する感じ…てってってってってっと。

 

それまでの私の走り方はかかとからの着地をしていましたが、無敵を履いてのかかと着地はできません。あの薄い靴底でかかと着地しようものなら、衝撃がヒザや頭まで響きそうなので本能が回避しました(;”∀”)

 

ようは裸足に近い状態のため、衝撃が少ない「つま先着地」を直感で選んでました。ドラマ陸王の中で「靴底の薄いシューズを履くと走り方を矯正できる」というのもこの辺りからきているかもしれませんね。

走り初めの疑問点3つ

最初の段階から「つま先着地」はできていたと思いますが、この走り方ってものすごい違和感があるんですね。

  1. 着地箇所は合っているのか?
  2. 足が全く前に出ていない感じだけど足の運びはいいのか?
  3. フォームは正しいのか?

これらの疑問を解消すべく説明書を読み直したり、他の方のブログを参考にしたりと試行錯誤の毎日が続きます。

試行錯誤の中で注意した点3つ

  1. 肩の力を抜く
  2. アゴを引いて走る
  3. 足を上に引いて走る

1.肩の力を抜く

始めうちは着地位置や路面が気になり、気が付くと肩に力が入っていたのでリラックスを心がけました。肩の力を抜き、腕はあまり振らず、ダラっとした方が自然に走ることができました。

2.アゴを引いて走る

大きい石を踏むと痛いので、どうしても路面に意識が向きます。そうすると、いつのまにかアゴが上がってるんですね。アゴが上がると背筋が伸びずフォームが悪くなります。

 

背筋が伸びると呼吸もしやすくなるので、意識してアゴを引くことを心がけました。

3.足を上に引いて走る

走り出すときに、足を先に前へ出すのではなく、重心を先に移動してから足を移動させます。

 

真っすぐ立った状態で徐々に前傾姿勢になると前に倒れますよね。その倒れるときの足の運びを、前に出すのではなく上に引いて前進します。足を上に、引くっ引くっ引くっで、進む感じです。

 

慣れるまで違和感がありますが、引き上げた足を胴体真下に着地させます。それを繰り返して前に進みます。経験上、足を前に放り出すと「かかと着地」になり、上に引きあげると「つま先着地」になります

 

わかり易く解説されている動画はこちら。裸足ランの動画ですが無敵も同じです。
  ↓  ↓  ↓

まとめ

ドラマ「陸王」のモデルである、ランニング足袋「無敵」を履き始め当初の疑問点と注意した点をお話ししました。

 

わたしのランニングフォームは数十年間、かかとからの着地をしていたので、無敵を履きだしてからのつま先着地は非常に違和感がありました。

 

しかし、

  • アゴを引き
  • 肩の力を抜いて
  • 足を上に引いて走る

ことを意識して走ると段々慣れるようになってきました。無敵を履き始めで違和感がある方は参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください