サブフォーランナーの私が必ず参加したい、おススメ市民マラソン10選

こんにちは、2018年3月に名古屋シティマラソンに出場するイチロウです。

 

今回の記事は「市民マラソン」です。

手軽にできる運動としてマラソン人気はまだまだ続いています。マラソン・ジョギング人口は、07年東京マラソン初開催から2年後の2800万人をピークに、2016年では2020万人となっています。日本人の6人に1人は走っているんです!

 

マラソン・ジョギング人気の恩恵を受けて、「市民マラソン大会」は急速に大会数が増える成長期から成熟期に移行しており、大会が参加者を選ぶ時代から参加者が大会を選ぶ時代に変わってきています。

 

わたしは過去に参加して失敗したなと思う大会が幾つかありましたが、やはり、マラソンの人気頼みだけで始まる中身のない大会は参加者に見放されています。そういう点では、毎年1万人近く集客する大会はなにかしら魅力がある大会なんですね。

 

多々ある大会の中から、私自身が今後参加したい思っている魅力的な大会をご紹介します。よかったらご覧ください。

2月開催

東京マラソン

出場人数 3万5824人(2017年)

参加費 10,800円

制限時間 7時間

 

2018年の当選倍率12.1倍!有名人も多数出場する超人気大会です。わたしは過去4回抽選に落ちていますが、いつかは日本最大の「東京マラソン」に参加して首都圏の道路を「オラ顔で走りたい」と思っています。

 

レース終了後には、スカイツリーや築地市場、浅草観光を楽しみたいです♬

熊本城マラソン

 

annaさん(@ikeann)がシェアした投稿

出場者 1万698人(2017年)

参加費 10,000円

制限時間 7時間

現在震災で復興中の日本三名城の1つとされる熊本城がゴール地点。42.195㌔の最後に二の丸へ飛び込むっていいですね!レース後に熊本名物馬刺しで一杯やるのもよかでしょ♫

3月

名古屋ウィメンズマラソン

 

Rina Wadaさん(@11riinna18)がシェアした投稿

出場者 1万9857人(2017年)

参加費 12,000円

制限時間 6時間30分

 

世界最大の女子マラソンとしてギネスに認定される大会。地元愛知でこんな大きい大会があるんです。私、女性だったら絶対に参加してます。完走後はイケメンの兄ちゃんが、ティファニーのネックレスでおもてなしてくれますよ♬

 

レース後は全国的にも美味いと評判の名古屋飯を楽しんで欲しいです!

4月

長野マラソン

出場者 9,663人(2017年)

参加費 10,800円

制限時間 5時間

長野オリンピックを記念して翌年春から開催された大会です。沿道の声援が盛んな本格コース。申し込み当日に締め切りになるほど人気があります。2017年、2018年は、申し込み開始から約30分でも定員が閉め切られています。

 

制限時間が5時間と短めなため初心者の方の腕試しにおススメしたいです。ペースを守ってしっかり走りたいですね!

8月

北海道マラソン

市内のど真ん中も走るコースです。

定 員 17,000人(2017年)

参加費 11,000円

制限時間 5時間

 

国内で唯一、夏に行われるフルマラソン大会です。五輪や世界陸上に選ばれた日本代表選手が多数出場する大会でもあります。

 

気温が30度近くいくときもありますが、湿度が低いため走りやすそうですね。名古屋からだと3泊4日の日程で観光がてら参加したいレースです。レース後の食事メニューを考えるだけで幸せな気分になれます♬

10月

富山マラソン

出場者 1,1914人(2017年)

参加費 10,000円

制限時間 7時間

 

北陸新幹線の富山・新高岡駅開業に合わせて開催された大会です。雄大な立山連峰や富山湾を眺めながら駆け抜けます。まだ3回しか行われていませんが、大成功している大会の一つだと思います。大変人気があり2017年の大会も5日で定員に達したそうです。

動画を見た感想ですが、

 

私も参加したい!!

 

地域一丸となって選手を応援している熱いハートが伝わってきます!(^^)! この大会は「マラソンを好きなる大会」だと思います。

11月

大阪マラソン

出場者 30,008人(2017年)

参加費 10,800円

制限時間 7時間

マラソン界の、東のディズニーランド「東京マラソン」。西のユニバーサルスタジオ「大阪マラソン」といった位置づけでしょうか。

 

参加者が3万人を超える大会は世界規模でみても最大級です。大阪城や難波、通天閣といった「なにわの名所」を駆け抜ける「大阪マラソン」にも参加したいですね。

福岡マラソン

定 員 12,000人(2017年)

参加費 10,800円

制限時間 7時間

中心地の天神からスタートします。都心から海や山を走り抜け糸島でフィニッシュします。都会から自然へと風景が変わるのを楽しみながら走れる魅力ある大会ですね。

 

フィニッシュ後には、博多名物もつ鍋をメインに美味しい食材でお疲れ会をやりたいです♪

いびがわマラソン

 

@haruutoがシェアした投稿

定 員 6,500人(2017年)

参加費 7,000円

制限時間 5時間30分

 

私も参加経験のある「いびがわマラソン」はおススメです!

おススメ理由の記事

 ↓ ↓ ↓

揖斐川マラソン難敵のアップダウンコースを攻略する4つの対策!これを読めばサブ4達成!?

12月

NAHAマラソン

 

M I H Oさん(@mh_chan)がシェアした投稿

定 員 30,000人(2017年)

参加費 

  • 一般/6,500円
  • 18歳以下(高校生以下)/5,000円
  • 65歳以上/5,000円

制限時間 6時間15分

真夏の炎天下にジョギングするほど夏が大好きです。是非「NAHAマラソン」に参加して南国ムードを味わいたいですね。フィニッシュ後は、オリオンビールで乾杯!

 

観光も兼ねて3泊4日の日程を組みたいですが、そのときの名古屋発のツアーって幾らぐらいになるんだろう・・・?。値段が怖い(*ノωノ)

最後に

私がマラソン大会に参加するときは、その土地の観光も兼ねて泊りで行くことがよくあります。レース後に名物料理を食べながら一杯やるのも楽しみの1つです♪

 

今回ご紹介した大会も、観光を兼ねてボチボチ参加する予定です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください